美的終活ですべきこと – 60代離婚おひとりさま女性

60代になると、

もうそろそろ人生の終盤について気になりだすことでしょう。

 

美的終活において子どものいない離婚した60代おひとりさま女性は、

どのようなすべきことがあるのでしょうか。

 

60代おひとりさま女性におすすめのセミナーは、こちら

 

 

美的終活とは

 

美的終活においてすべきことについて考える前に、

美的終活という言葉をご存知ですか。

 

たぶんご存じないと思います。

なぜならば、「美的終活」という言葉は、私が作った造語だからです。

 

一般的な終活というと、死をイメージするのではないでしょうか。

 

人によって言い方はそれぞれですが、

自分の死をみつめ、生き方を見つめなおすなんて言う人もいます。

 

しかし、

死をイメージして生活するのは楽しいでしょうか。

 

私は、もっと生きることに重点をおいて生活すべきだと考えます。

 

そこで、

「有終の美を飾るための活動」=「美的終活」という言葉を思いつきました。

 

有終の美を飾るという目的のための活動が「美的終活」。

 

有終の美を飾る自分のための活動ですから、

自分の好き嫌いという美的感覚で進めることのできる「美的終活」。

 

有終の美とは、終わりを立派にしめくくること。

 

どのようなことを立派と考えるかは人それぞれの美的感覚によります。

 

そこで、有終の美は、人それぞれでいいのです。

 

そして、美的終活は、

老後不安を解消し、最期まで充実して生活するための活動です。

 

誰しも死や老後について考えると、

不安を感じます。

 

美的終活では、死や老後の不安を解消することによって、

残された人生を充実して過ごすことが最終的なすべきことです。

 

限りある人生を充実して楽しくすごすため、

老後不安を取り除くことが、

美的終活のすべきことの一つです。

 

美的終活はよりよく生きるための、

生きることにフォーカスをあてた目的を持った活動といえます。

 

美的終活ですべきこと – 60代離婚おひとりさま女性

 

離婚した60代おひとりさま女性の美的終活のすべきことは、

どのようなものでしょうか。

 

人生100年時代と最近よく聞くようになりました。

 

すべての人が100歳まで生きることができるわけではないのですが、

100歳まで生きるつもりで準備すれば、

ほとんどの場合人生をカバーできることでしょう。

 

100歳まで生きると仮定すると、

離婚した60代おひとりさま女性には、

30年以上の時間が残されていることになります。

 

その30年以上の時間、

不安をかかえて生きていては、

充実して楽しく生活することはできません。

 

美的終活は老後不安を解消して、

残りの人生を充実して楽しく過ごすための活動です。

 

離婚した60代おひとりさま女性にとっては、

老後不安の解消が、

一つ目の美的終活のすべきことです。

 

(1)親や家族と同居している場合

離婚した時期にもよりますが、

親や家族と同居している離婚した60代おひとりさま女性は多いことでしょう。

 

離婚後親元から仕事に通いながら、

60代になった人もいることでしょう。

 

親が元気であれば、

親が日常的な家事をしてくれて、

離婚した60代おひとりさま女性にとって、

今まで生活で不安を感じたことはないかもしれません。

 

しかし、

離婚した60代おひとりさま女性の親は、

80代以上のことが多く、

これから親の介護を一手に担う時期が来るかもしれません。

 

離婚した60代おひとりさま女性の親は、

介護をしてくれるあなたがいるので安心です。

 

では、

離婚して子どもがいない60代おひとりさま女性である

あなたには介護や世話をしてくれる人のあてがありますか。

 

ここで漠然と老後不安を感じることでしょう。

 

親や家族と同居している離婚した60代おひとりさま女性にとって、

美的終活ですべきことがここにあります。

 

60代未婚おひとりさま女性である、

あなた自身の老後不安を解消することが、

美的終活ですべきことの一つです。

 

 

(2)一人暮らしの場合

 

美的終活で一人暮らしの離婚した60代おひとりさま女性の

すべきことは何でしょうか。

 

離婚した60代おひとりさま女性の場合、

両親が亡くなり、

他の兄弟姉妹も結婚して独立したりして、

一人暮らしの場合も多いことでしょう。

 

離婚した60代おひとりさま女性で、

一人暮らしが長いと、

一人暮らしの生活に慣れて、

それほど不便を感じないかもしれません。

 

それでも夜に、

ふと目を覚ましたときに、

寂しいと感じたり、

このまま死んでしまったらどうなるのかなんて、

不安を感じることもあることでしょう。

 

孤独死することに不安を感じるかもしれません。

 

定年後に時間が有り余るくらいあるので、

一般的な終活セミナーに、

通い続ける人もいることでしょう。

 

でもなかなか老後不安が解消できないのではありませんか。

 

老後不安があると、

人生を心から楽しめないですよね。

 

この老後不安を解消することが、

美的終活ですべきことの一つとなります。

 

離婚した一人暮らしの60代おひとりさま女性にとって、

老後不安を解消することが、

美的終活の大きなすべきことの一つです。

 

 

美的終活で重要なすべきこと

 

美的終活で一番のすべきことは、

のこりの人生を充実して楽しくすごすこと。

 

そのために、美的終活で老後不安を解消する。

 

離婚した60代おひとりさま女性には、

人生100年時代だとすると、

まだ30年以上もの時間が残されています。

 

30年というと、

子どもが生まれてから大学を卒業する時間よりも、

長い時間です。

それだけの時間が残されていると、

まだまだやれることは多いはずです。

 

残された人生で、

やり残したことはありませんか。

 

やってみたいと思っていて、

なかなか挑戦できなかったことはありませんか。

 

ノートを1冊準備して、

やり残したこと、やってみたいこと、

何でも書いてみましょう。

 

そして、

残された時間でやりたいことをみつけて、

計画して実行に移しましょう。

 

美的終活の一番のすべきことは、

あなた自身のやりたいことをやり、

のこりの人生を充実して楽しいものにすることです。

 

 

美的終活ですべきこと – 60代離婚おひとりさま女性・まとめ

 

・離婚した60代おひとりさま女性が美的終活で一番のすべきことは、残りの人生を充実して楽しいものにすることです。

・老後不安があると、人生を心から楽しめませんから、美的終活ですべきことの一つは老後不安の解消にあります。

・離婚した60代おひとりさま女性には、まだ30年以上の時間が残されている可能性がありますから、美的終活によって老後不安を解消して、残りの人生を楽しみましょう。

 

美的終活は、

老後不安を解消して、

残りの人生を充実して楽しいものにする活動です。

 

そこで、

美的終活ですべきことの一つは老後不安の解消です。

 

また、

残りの人生を充実して楽しくすごすことが、

美的終活で一番のすべきことです。

 

どのようなことが楽しいと感じるかは、

あなた自身の美的感覚や美意識によって決めてよいのです。

 

美的終活により、

あなたにとって、

残りの人生が充実して楽しいものになるよう祈念しております。

 

もし、美的終活での老後不安の解消方法を知りたいときには、

セミナーにお越しください。

一緒に老後不安の解消方法について考えましょう。

 

 

一般社団法人 マイライフ協会

代表理事 児玉浩子