楽しい美的終活 – 70代 離婚おひとりさま女性

70代になると、

もうそろそろ自分の人生の最終章を意識し始めるころです。

 

離婚した70代おひとりさま女性が、

楽しい美的終活を行うにはどうすればよいのでしょうか。

 

一般的な終活と比べて考えてみましょう。

 

 

一般的な終活とは

 

楽しい美的終活について考えるまえに、

一般的な終活について考えてみましょう。

 

一般的な終活においては、

死を見つめることで、

残された人生を見つめなおすことを目的とすることが多いようです。

 

終活についての定義は、

語る人ごとに異なるようです。

 

人によっては、

終活で死の準備をすることで、

家族や周りの人に迷惑をかけないことを

最大の目的とする人もいます。

 

一般的な終活では、

どちらかというと、

死を意識しているものだといえそうです。

 

死を意識する活動で、

楽しいと思える人がどのくらいいるのでしょうか。

 

美的終活とは

 

楽しい美的終活について考える前に、

美的終活という言葉をご存知ですか。

 

たぶんご存じないと思います。

なぜならば、「美的終活」という言葉は、私が作った造語だからです。

 

楽しく生きることにフォーカスした言葉がないものかと長年考えてきました。

そして、ふっと思いついたのが「美的終活」だったのです。

 

「有終の美を飾るための活動」=「美的終活」

有終の美を飾るという目的のための活動が「美的終活」。

 

有終の美を飾る自分のための活動ですから、

自分の好き嫌いという美的感覚で進めることのできる「美的終活」。

 

有終の美とは、終わりを立派にしめくくること。

 

どのようなことを立派と考えるかは人それぞれの美的感覚によるので、

人それぞれ。

 

あなたなりに納得のいくものをみつければいいでしょう。

そして、一番大事なことは最期まで充実して生活すること。

 

不安があると、充実して楽しく生活することはできませんから、

不安の解消が重要になります。

 

人生を充実して過ごすのですから、

美的終活は楽しいものになるはずです。

 

 

楽しい美的終活始める時期

 

最近は定年年齢が65歳という会社が増えています。

 

離婚した70代のおひとりさま女性は、

定年退職後10年くらいでしょうか。

まだまだ元気で活動的な生活をしている人が多いことでしょう。

 

まわりの友人たちの中には、

お墓を買った、遺言書を作成した、

など終活に関する話をする人も

だんだん多くなってきたのではないでしょうか。

 

また、

中学や高校の同窓会に参加して、

毎年顔を見ていた友人が今年は参加していないということも

あることでしょう。

 

どうしたのかきいてみると、

ガン、心筋梗塞、脳梗塞などで突然亡くなっていたり、

介護が必要になっていたり。

 

兄弟姉妹が最近亡くなったという人も、

増えてくるころです。

 

人生100年時代といっても、

高齢期に入ると、体調については、

個人差があります。

 

まだまだ元気な離婚した70代おひとりさま女性がいると思えば、

さまざまな病気を抱えている離婚した70代おひとりさま女性もいます。

 

70代に入ったら、

もうそろそろ美的終活を始める時期でしょう。

 

離婚した70代おひとりさま女性のあなたは、

まだまだ元気かもしれません。

 

終活なんて縁起でもないと考えているかもしれません。

 

でも、

明日、脳梗塞や心筋梗塞で急に倒れてもおかしくない年齢です。

 

倒れて何もできなくなる前に、

楽しい美的終活を始めましょう。

 

楽しい美的終活では何する

 

美的終活で離婚した70代おひとりさま女性は何から始めるべきでしょうか。

 

たぶん、いろいろな情報があって迷ってしまうことでしょう。

 

そこで基準になるのが、「美的終活」です。

 

「美的終活」は有終の美を飾るための活動。

 

美的終活は老後不安を解消し、最期まで充実した人生を送るための活動。

 

最期まで充実した人生を送るためには、美的終活で何から始めるべきでしょうか。

 

それは、

毎日楽しく過ごせるように人生設計することが大事になります。

 

人生100年時代とよく聞くようになりましたが、

実際に100歳まで生きられるかはわかりません。

 

それに、死ぬまで元気であることはまれです。

 

そうだとしても、

100歳までの計画を立てておけば、

ほぼ人生をカバーできるのではないでしょうか。

 

70代未婚おひとりさま女性にとって、

20年以上もの時間が残されている可能性があります。

 

そこで、最期まで充実して楽しく過ごせるように、

美的終活として計画を立てます。

 

私が提案しているのは、

70代未婚おひとりさま女性に美的終活で何するべきか考えるために、

終活準備ノートを1冊用意することです。

 

何するべきか考える前に、

残りの人生で何をしたいのか。

 

思いつくままに書いてみましょう。

 

すると、今までやり残したことや、

これからやりたいことが出てくるはずです。

 

最期まで充実した生活を送るための美的終活において、

大切なことは、

あなた自身の美的感覚、美意識。

 

美的終活で人生を充実させる方法は、

あなた自身の美的感覚・美意識でいくらでもあるはずです。

 

やりたいことを考えていると、

ワクワクしませんか。

 

これが楽しい美的終活です。

 

ですが、楽しい美的終活で大切なことは、

事前に老後不安を取り除いておくこと。

 

不安があると心から人生を楽しめないのではないでしょうか。

 

そこで、

楽しい美的終活で何から始めるべきか、

それは、

老後不安を解消することです。

 

 

楽しい美的終活 – 70代 離婚おひとりさま女性・まとめ

 

  • 離婚した70代おひとりさま女性は、楽しい美的終活で充実した残りの人生を送ることができる20年以上の時間が残されている可能性があります。
  • 離婚した70代おひとりさま女性にとって、楽しい美的終活で何から始めるべきかというと、老後不安を解消することです。
  • 老後不安を解消したら、残りの人生を充実した楽しいものにできるように、いろいろ計画を立て、実行に移しましょう。

 

70代のうちに、美的終活によって老後不安を解消できれば、残された人生を充実して過ごすことができます。

 

美的終活で充実して生活できれば、楽しいのではないでしょうか。

美的終活により、老後不安を解消し、残りの人生を充実して過ごされることを祈念しております。

 

どのように老後不安を解消し、美的終活で何するべきか、

悩まれている方は、是非セミナーにお越しください。

 

あなたにとって何が一番いいのか、

ご一緒に考えましょう。

 

 

一般社団法人 マイライフ協会

代表理事 児玉浩子