美的終活でやること – 60代未婚おひとりさま女性

60代になると、

人生の最終章を意識するようになります。

 

60代未婚おひとりさま女性は、

美的終活でやることは何でしょうか。

 

具体的にやることは何でしょうか。

 

 

  • 60代おひとりさま女性におすすめのセミナーはこちら

 

美的終活とは

 

美的終活でやることを考える前に、

美的終活という言葉をご存知ですか。

 

たぶんご存じないと思います。

なぜならば、「美的終活」という言葉は、私が作った造語だからです。

 

一般的な終活は、死をイメージするので、

私自身、使うことに抵抗がありました。

 

終活については、一般的に、

自分の死を見つめ、生活を見つめなおす活動など

いろいろな説明があるようです。

 

しかし、

死を見つめて、何をするのかというのが、

しっくりきませんでした。

 

私は、死よりも、

今生きていることの方が重要ではないかと考えてきました。

 

そこで、死よりも生にフォーカスした言葉が何かないものかと、

ずっと探していたのです。

 

そんな中で、ふっと思いついたのが、

「有終の美を飾るための活動」=「美的終活」です。

 

有終の美を飾るという目的のための活動が「美的終活」。

 

有終の美を飾る自分のための活動ですから、

自分の好き嫌いという美的感覚で進めることのできる「美的終活」。

 

有終の美とは、終わりを立派にしめくくること。

 

どのようなことを立派と考えるかは人それぞれの美的感覚によります。

そして、最期まで充実して楽しく生活するための活動「美的終活」。

 

不安があると、充実して生活することはできませんから、

不安の解消が重要になります。

 

 

美的終活始める時期

 

最近は定年年齢が65歳という会社が増えています。

 

60代の未婚のおひとりさま女性は、

会社員であることも多く、

まだまだ元気で活動的な生活をしている人が多いことでしょう。

 

美的終活にはまだ早いと思われるひとも多いことでしょう。

 

しかし、

中学や高校の同窓会に参加して、

毎年顔を見ていた友人が今年は参加していないということも

あることでしょう。

 

どうしたのかきいてみると、

ガン、心筋梗塞、脳梗塞などで突然亡くなっていたり、

介護が必要になっていたり。

 

若年性認知症ということもあります。

 

人生100年時代といっても、

高齢期に入ると、体調については、

個人差があります。

 

まだまだ元気な60代未婚おひとりさま女性がいると思えば、

さまざまな病気を抱えている60代未婚おひとりさま女性もいます。

 

60代に入ったら、

もうそろそろ美的終活を始める時期でしょう。

 

 

美的終活でやること

 

60代未婚おひとりさま女性が美的終活でやることは何でしょうか。

美的終活は老後不安を解消して、

残りの人生を充実して楽しいものにする活動です。

 

そのためには、美的終活でやることとはズバリ、老後不安の解消です。

 

60代未婚おひとりさま女性の老後不安は何でしょうか。

 

(1)親は家族と同居している場合

 

これは他の記事でも書いているのですが、

現在、親や家族と同居している60代未婚おひとりさま女性は、

親や家族というセーフティネットがあるので、

今は老後不安がないかもしれません。

 

親が元気なうちは、

日常的な家事もすべて親にやってもらい、

なんの不安もないかもしれません。

 

しかし、

60代未婚おひとりさま女性の両親の年齢は80代以上ではないですか。

 

親の介護も時間の問題といえます。

 

もしかしたら、

親の介護をしている60代未婚おひとりさま女性もいるかもしれません。

 

親は60代未婚おひとりさま女性のあなたがいるから、

介護や老後の不安はないかもしれません。

 

では、60代未婚おひとりさま女性のあなたには、

誰か世話をしてくれる人がいますか。

 

① 老後に世話をしてくれる人を確保する

 

美的終活で60代未婚おひとりさま女性がやることは、

まず、老後に世話をしてくれる人を確保することです。

 

おいやめいがいて世話をしてくれるあてがあるのであれば、

普段から連絡をとっておくのも一つの方法でしょう。

 

おいやめいがいなくても、

親戚で誰か確保できるあてがあれば、

「もしものときはお願い」

と依頼しておくのも美的終活で不安を解消するためにやることといえます。

 

親戚であてにできる人がいなければ、

第三者に契約で依頼する方法も美的終活でやることです。

 

② 情報を収集する

 

美的終活で60代おひとりさま女性がやることとして、

情報の収集があります。

 

親や家族と同居している60代おひとりさま女性は、

いざとなると親や家族があてにできると考えて、

情報収集が遅れがちです。

 

親がなくなったり、家族と別居したりして、

ひとりぼっちになってから、

ようやく情報収集をはじめるおひとりさまもいます。

 

老後不安を解消して充実した楽しい人生を送ることを目的とする美的終活。

 

老後不安解消のための情報収集も、やることといえます。

 

 

(2)一人暮らしの場合

 

一人暮らしの60代未婚おひとりさま女性が美的終活でやることは何でしょうか。

 

親や家族と暮らす60代未婚おひとりさま女性と異なり、

一人暮らしゆえの不安を抱えていることでしょう。

 

① 老後に世話になれる人を確保する

 

一人暮らしの60代未婚おひとりさま女性の場合も、

老後不安を解消するために、

美的終活としてやることは、

老後に世話になれる人を確保することです。

 

一人暮らしゆえの危機感もあるので、

老後に世話になれる人の確保は納得いただけるのではないでしょうか。

 

おいやめいに世話になれるのか、

親戚でいざというとき世話してくれる人がいるのか、

胸に手をあてて考えてみましょう。

 

あてにできるのであれば、

普段から連絡をとることも、

老後不安を解消するための美的終活でやることです。

 

親戚をあてにできないのであれば、

契約で第三者を確保することも、

親や家族と同居する60代未婚おひとりさま女性と同様、

美的終活でやることです。

 

② 情報収集

 

60代未婚おひとりさま女性も、

情報収集は美的終活でやることです。

 

介護やさまざまな制度などの情報を

知っていれば利用できる可能性があります。

 

積極的に情報収集をしましょう。

 

③ 孤独死防止の対応をとる

 

一人暮らしの60代未婚おひとりさま女性の場合、

一人暮らしの部屋で倒れていても、

誰にも発見してもらえない可能性があります。

 

孤独死は老後不安で大きなものではないでしょうか。

 

そこで、

老後不安を解消する美的終活において、

孤独死防止の対応をとることもやることです。

 

一人暮らしである以上、

孤独死の可能性はあります。

 

そうであっても、

早期に発見してもらえるように、

対応をとっておくと、

気が楽になるのではないでしょうか。

 

 

美的終活でやること – 60代未婚おひとりさま女性・まとめ

 

  • 60代未婚おひとりさま女性の美的終活でやることの一番は老後不安の解消にあります。
  • 60代未婚おひとりさま女性といっても、親や家族と同居している人もれば、一人暮らしの人もいます。それぞれの状況に合わせて、美的終活でやることを考えましょう。
  • 美的終活でやることは、老後不安を解消して、残りの人生を充実して楽しいものにすることです。

 

美的終活で老後不安を解消するのは、

残りの人生を充実した楽しいものにするためです。

 

充実した楽しいものにするために、

人生でやり残したこと、

残りの人生でやっておきたいことも、

あげておくことも美的終活でやることといえます。

 

人生100年時代と言われるようになりました。

 

60代未婚おひとりさま女性には、

まだ30年以上の時間が残されている可能性があります。

 

美的終活で老後不安を解消し、

残された時間でやりたいことをやって、

充実した人生をおくることもやることといえます。

 

美的終活で老後不安を解消し、

あなたの人生が充実した楽しいものになるように祈念しております。

 

もし老後不安の解消方法をよく知りたいときには、

セミナーにご参加ください。

 

 

一般社団法人 マイライフ協会

代表理事 児玉浩子

 


 

終活セミナーの一覧はこちら