介護離婚を避ける方法

介護離婚とは、
夫や妻の双方の親の介護が原因となる離婚のことをいいます。

最近は、
親の介護で介護離婚という報道をよく目にするようになりました。

そこで、
親の介護で介護離婚を避ける方法を検討します。

介護離婚の原因

介護離婚で多いのは、
妻が夫の義理の両親を介護している場合のようです。

現在介護離婚を検討しているのは、
熟年といわれる50代くらいの夫婦が多いことでしょう。

この年代ですと、
まだ嫁が夫の義理の両親の介護を担うことを当たり前のように考える男性も多いことでしょう。

そこで、介護離婚の原因を考えてみましょう。

夫が介護に協力しない

義理の両親は夫の両親です。

それにもかかわらず、夫が親の介護をせず、
妻に丸投げしたらどうでしょうか。

夫の両親と妻は仲が良くないことも多いことでしょう。

仲の良くない義理の両親の介護を妻に丸投げして、
仕事が忙しいことを理由に、
夫が親の介護にたずさわらなかったら、
妻としては離婚を検討するのではないでしょうか。

「民法第877条 直系血族及び兄弟姉妹は、互いに扶養をする義務がある。」

妻は夫の両親の直系血族にあたらないため、妻には夫の両親の直接的な介護義務はありません。

妻は離婚することで、
夫の両親の介護から逃れることができます。

夫の兄弟姉妹が口だけ介護をする

民法877条により、
妻には夫の両親の直接的な介護義務はありません。

夫の両親の介護は、
本来夫と、その兄弟姉妹が行うべきものです。

それにもかかわらず、
夫も介護に協力せず、
独立した夫の兄弟姉妹も親の介護をせず、
嫁である妻に介護を押し付けたとしたらどうでしょうか。

介護に協力しない夫の兄弟姉妹ほど、
親の愚痴の聞き役になるものです。

すると兄弟姉妹は、
親が嫁の悪口を言ったりすると、
それを夫へ告げ口します。

夫がそれを真に受けて、
親を介護してくれている妻へ文句を言ったら、
義理の両親の介護をしてくれている妻はどう思うでしょうか。

妻は文句を言われてまで介護する義務はないのですから、
当然離婚を考えるのではないでしょうか。

夫も義理の両親も妻に感謝しない

数十年前の日本では、
嫁が家事も介護も担うのがあたりまえでした。

その感覚が古い世代の義理の両親や夫に残っているのでしょうか。

夫も義理の両親も、
妻に介護してもらってあたりまえのように感じていることがあります。

妻に介護してもらって当たり前と思っているのですから、
当然「ありがとう」なんて言いません。

妻は夫の両親の介護のため、
1日中家で奮闘しています。

それにもかかわらず、
どんなに介護しても当たり前で済ませられてはたまりません。

民法877条で、
妻には夫の両親の介護の義務はないことがはっきりしています。

義務がないのに、
夫の両親の介護を担ってくれている妻に、
夫も義理の両親も感謝しなければ、
無給で介護している妻は、
耐えられないのではないでしょうか。

当然妻は離婚を考えることでしょう。

親の介護で介護離婚を避ける方法

これから高齢者がどんどん増えます。

親の介護をしなければならない人も増えることでしょう。

そこで、親の介護で介護離婚を避ける方法について検討しましょう。

自分の両親の介護は自分でする

数十年前までは、
夫が仕事をし、妻が専業主婦という世帯が多かったこともあり、
妻が夫の両親の介護を引き受けざるをえない状況もありました。

しかし、
内閣府男女共同参画局「男女共同参画白書(概要版)」 平成29年版によると、
平成9年以降は共働き世帯数が男性雇用者と無業の妻から成る世帯数を上回っているそうです。

現在では、専業主婦で介護をになえる妻は少数派です。

そこで、
夫は自分の両親の介護を妻任せにするのではなく、
自分がメインで介護するようにしましょう。

妻には、夫の両親を介護する義務はありません。

妻には、どうしても人手が足りないときに、
お願いして協力してもらう程度に、
自分の両親の介護にかかわってもらいましょう。

義務がないのに義理の両親の介護をするのは
たいへんなストレスです。

夫も妻も、お互い相手にストレスを与えないようにして、
介護離婚を避けましょう。

感謝する

夫も妻もお互いに結婚するとやってもらって当たり前と考えてしまうようです。

そして、
やってもらったことに対して感謝することを忘れてしまうようです。

そこで、
夫も妻も、自分の両親の介護のことで、
配偶者に手伝ってもらったときには「ありがとう」という
感謝の言葉を忘れないようにしましょう。

感謝の言葉ひとつで、
介護を手伝った夫や妻の気持ちがやわらぎます。

感謝の言葉を声に出して、
介護離婚を避けましょう。

介護離婚を避ける方法まとめ

①親の介護離婚の原因のひとつとして、義理の両親の介護があげられる。
②夫は、自分の両親の介護を妻にやってもらうのが当たり前とは思わないこと。
③両親の介護に協力してくれた配偶者には感謝の言葉を忘れないこと。

自分の親の介護を、
仕事が忙しいことなどを理由に配偶者に押し付けていませんか。

もし親の介護を引き受けたのでしたら、
自分の親の介護は、自分でやるようにしましょう。

配偶者には、自分の親の介護をする義務はありません。

夫や妻は、義理の親の介護から逃れるために、
介護離婚の選択をされないようにしましょう。

もし夫が妻に親の介護を押し付けていた場合に、
もし妻に離婚されたらどうなりますか。

当然介護は夫自身でしなければならなくなります。
そのときに、妻がいないので、誰も助けてくれる人がいない状況になります。

そのような状況にならないためにも、
介護離婚は避けたいですね。

一般社団法人 マイライフ協会
代表理事 児玉浩子

以下、マイライフセミナーのご案内となります。

 


 

自分の人生は、自分で決めたい!

とお思いの方は、ぜひご参加ください。
 
マイライフセミナー

マイライフセミナー 4/18(木) 13:00~15:00

本講座で学べる3つのこと

① お金よりも大切な生活の備えとは?
② 子どもに頼らない生活のために、今!必要な知識とは?
③ 思い通りの生活を設計する方法とは?

 
『99パーセントの人が知らない老後の安心をデザインする方法』の著者・児玉浩子(こだまひろこ)が、思い通りの生活に備え、知っておきたい法律や制度について、ご紹介いたします。

 
思い通りの生活準備は元気なうちに!
 

『自分の生活は、自分で決めたい!』
とお思いの方は、ぜひご参加ください。
 

① お金よりも大切な生活の備えとは

40年前には、
老後の不安を語る方はほとんどいませんでした。
 
生活が豊かになった現在、
その豊かさとは裏腹に、老後に不安を感じる方が非常に増えています。

 
なぜだか、おわかりでしょうか?
 
 
そして、
お金がいくらあっても、自分のことを自分でできなくなる日が来ることを、ご存知でしょうか?
 
 
本セミナーでは、
お金よりも大切な『生活の備え』について、具体的な対策をご案内いたします。
 

② 子どもに頼らない生活のために、今!必要な知識とは

これまで、
1,200人以上の方に対し、子どもに頼らない生活に活用したい法律や制度についてご案内してきましたが、
 
実に、99パーセントの人は、
知りませんでした。
 
活用するための第一歩は、
どのような法律や制度があるかを知ることです。
 
本セミナーでは、
子どもに頼らない生活で活用していただきたい法律や制度について分かりやすくご説明いたします。
 

③ 思い通りの生活を設計する方法とは

子どもに頼らない生活に活用したい法律や制度を知っていても、その手続き方法が分からなければ、利用することはできません。
  
本セミナーでは、
法律や制度を利用する方法を、具体的にご案内いたします。
 

セミナー概要

日時: 4月18日(木) 13:00~15:00
費用: 無料

< 会場 >
東京都新宿区西新宿7-1-7
新宿ダイカンプラザA館918号

・都営大江戸線 / 新宿西口駅 徒歩1分
・JR山手線 / 新宿駅 徒歩4分
 
お申し込みはこちら
 

児玉浩子
セミナー講師 : 児玉浩子(こだまひろこ)

  • 一般社団法人マイライフ協会 代表理事
    (高齢者支援の団体)
  • 行政書士
  • AFP(ファイナンシャルプランナー)
  • 大東文化大学大学院法務研究科修了

講演活動を通し、
累計1,200人の方に、子どもに頼らない生活に必要な法律制度等を解説。
 
個別相談の依頼は、
30代~80代までと年代を問わず幅広く、350人以上の実績を持つ。
 
精力的に活動する中、ほとんどの人が、子どもに頼らない生活に必要な法律制度等を知らないことを実感。より多くの方に現実を知ってもらうため、「99パーセントの人が知らない老後の安心をデザインする方法」を出版。
 
本書は、
読売新聞朝刊「安心の設計」や、産経新聞終活読本「ソナエ」等で紹介されている。
 
一般社団法人マイライフ協会代表理事 児玉浩子自ら、日々、個別相談の依頼に懇切丁寧に対応。法律に則った制度を活用し、高齢者の生活支援に努めている。
 
児玉浩子
 

参加者様のお声

O.M.さん
 
O.M.さん(70代)

家族に頼らないで老後の準備ができると知りました

独立した子ども達には頼らずに老後を過ごしたいと考えて、いろいろなセミナーに参加しています。今回のマイライフセミナーには妻と一緒に参加しました。他のセミナーでは聞いたことがない、初めての情報を多く聞けました。法律や制度を分かりやすく解説してくれて良かったです。今後妻と二人でじっくり相談したいと思います。

 
M.T.さん
 
M.T.さん(50代)

頼れる身内がいない友人たちにすすめたいです

ひとりで抱えていた漠然とした不安を解消できる方法を知ることができました。親を見送り、兄弟姉妹、子どものいない友人たちにすすめたいです。家族関係で悩んでいる友人にもすすめたいです。

 
H.A.さん
 
H.A.さん(60代)

どのような老後準備が必要か、是非知っておくべき情報です!

独立した子どもには頼りたくないと考えています。マイライフセミナーに参加して、子どもに頼らないで老後を過ごすために、自分にとってどのような準備が必要か理解できました。法律や制度の解説が分かりやすかったです。エンディングノートの正しい使い方が理解できました。

 
Aさん69歳女性

Aさん(69歳女性) 

老後に必要な法律や制度を利用して準備できると知りました

結婚せずに定年まで働きました。数年前に母を看取り、一人暮らしとなりました。子どもがいないため、老後に頼れる人がおらず、不安に感じておりました。
独身の友人たちと困ったときには助け合う口約束をしてはおりますが、皆私と同じくらいの年齢のため、本当に頼りになるのか不安でもありました。
マイライフ協会のセミナーで法律や制度を利用して、事前に老後の準備ができることが分かり、安心しました。

 
Bさん(74歳男性)

Bさん(74歳男性)

ご相談にのって頂き不安がなくなりました

30代の一人息子が結婚し、自宅を出て、嫁の実家の近くに住むことになりました。
息子からは、「老後の面倒はみてあげられないかもしれない。自分たちで何とかして欲しい。」と言われ、妻と二人でマイライフ協会のセミナーに参加しました。
マイライフ協会のセミナーで法律や制度を利用して、自分たちの老後に備えることができると分かり、安心できました。


 

お申し込みフォーム

セミナー名 終活セミナー
『最高の生活準備マスター集中講座』
開催場所 東京都新宿区西新宿7-1-7
新宿ダイカンプラザA館
価格 無料

以下のご入力をお願いいたします。
※印は、必須項目となります。
 


 
開催日時 ※
4月18日(木) 13:00~15:00

お名前 ※

ふりがな ※

年齢 ※

メールアドレス ※

電話番号 ※

郵便番号

都道府県

住所

セミナーを知ったきっかけ ※