美的終活の注意点 – 60代未婚おひとりさま女性の場合

60代になると、

人生の最終章についていろいろ思いをめぐらすものです。

 

60代未婚おひとりさま女性は、

美的終活でどのようなことを注意すべきでしょうか。

 

 

美的終活とは

 

美的終活において何するべきかについて考える前に、

 

美的終活という言葉をご存知ですか。

 

たぶんご存じないと思います。

 

なぜならば、「美的終活」という言葉は、私が作った造語だからです。

 

一般的な終活では、自分の死を見つめることによって、

自分の人生を見つめなおす活動と言っているようです。

 

そして、

終活する目的は、他人に迷惑をかけないことを語る人も多いようです。

 

そのような終活をよろこんでやろうという気になるでしょうか。

 

私の考える美的終活は、

もっと生活を楽しみましょうということからきています。

 

「有終の美を飾るための活動」=「美的終活」

 

有終の美を飾るという目的のための活動が「美的終活」。

 

有終の美を飾る自分のための活動ですから、

自分の好き嫌いという美的感覚で進めることのできる「美的終活」。

 

有終の美とは、終わりを立派にしめくくること。

 

どのようなことを立派と考えるかは人それぞれの美的感覚によるので、

あなたの好きなように決めてよいのです。

 

そして、最期まで充実して楽しく生活すること。

 

不安があると、充実して生活することはできませんから、

不安の解消が重要になります。

 

「美的終活」は、

老後不安を解消して、

残りの人生を充実した楽しいものにするための活動です。

 

 

美的終活始める時期

 

最近は定年年齢が65歳という会社が増えています。

 

60代の未婚のおひとりさま女性は、

会社員であることも多く、

まだまだ元気で活動的な生活をしている人が多いことでしょう。

 

美的終活にはまだ早いと思われるひとも多いことでしょう。

 

しかし、

中学や高校の同窓会に参加して、

毎年顔を見ていた友人が今年は参加していないということも

あることでしょう。

 

どうしたのかきいてみると、

ガン、心筋梗塞、脳梗塞などで突然亡くなっていたり、

介護が必要になっていたり。

 

若年性認知症ということもあります。

 

人生100年時代といっても、

高齢期に入ると、体調については、

個体差があります。

 

まだまだ元気な60代未婚おひとりさま女性がいると思えば、

さまざまな病気を抱えている60代未婚おひとりさま女性もいます。

 

60代に入ったら、

もうそろそろ美的終活を始める時期でしょう。

 

美的終活の注意点

 

60代未婚おひとりさま女性にとって、

美的終活でどのような注意点があるのでしょうか。

 

①情報過多

 

60代未婚おひとりさま女性の中には、

仕事を定年退職した人もいることでしょう。

 

定年退職後の有り余る時間を、

いろいろな終活セミナーに費やしている人もいます。

 

最近は、

終活に関するたくさんの雑誌や書籍が出版されています。

 

どれも終活にとって役に立つ情報ですが、

すべてのことが60代未婚おひとりさま女性にとって、

必要というわけではありません。

 

60代未婚おひとりさま女性の美的終活での注意点として、

情報過多になりすぎることがあげられます。

 

今までの人生で経験があると思うのですが、

あまりに多くの情報を得ると、

かえって何をすればよいのか分からなくなり、

身動きが取れなくなることがあります。

 

60代未婚おひとりさま女性にとって美的終活における注意点として、

情報の取捨選択が必要です。

 

その情報は、あなたにとって必要でしょうか。

 

60代未婚おひとりさま女性であるあなたには、

たぶん子どもがいないことでしょう。

 

それにもかかわらず、たとえば、

子どもに介護してもらうことを前提とした情報は必要でしょうか。

 

逆に、子どもがいない以上は、

子どもがいる人には必要ではなくても、

あなたには必要な情報があるはずです。

 

 

 

②不安を直視できない

 

60代未婚おひとりさま女性にとって、

美的終活での注意点として、

不安を直視できないことがあげられます。

 

「身寄りがいないんだもの、

孤独死も覚悟してます。」

 

「今まで自分勝手に生きてきたんだから、

野垂れ死んでも仕方ないよね。」

 

ときどき、

達観したような60代未婚おひとりさま女性に出会います。

 

ですが、よく話をお聞きすると、

「せめて死んだときに周りの人に迷惑をかけたくない。」

とか、

「遠くに住んでいるおいやめいに連絡がいくようなことがないようにしたい。」

と話して下さる人がいます。

 

これは、

60代未婚おひとりさま女性だけには限らないのですが、

不安を直視できていないのではないかと思うのです。

 

不安を感じたら、

それに対して何らかの行動が必要となります。

 

不安を直視しないことで、

しなければならない行動を回避しているのです。

 

美的終活においては、

不安を直視する必要があります。

 

不安を直視しなければ、

不安の解決方法が出てこないからです。

 

60代未婚おひとりさま女性にとって、

美的終活での注意点として、

不安を直視して上で、

何が必要か検討する必要があります。

 

 

③やりたいことがわからない

 

60代未婚おひとりさま女性にとって、

美的終活の注意点として、

やりたいことがわからないということがあります。

 

定年退職するまで、

仕事という他人から設定された

やらなければならないことがありました。

 

他人にやらなければならないことを設定してもらっていたので、

何をしたいかなんて、

考える必要がなかったからです。

 

やりたいことを見つけるにも、

訓練が必要です。

 

どのようにするとよいのか、

わたしがおすすめしているのは、

とてもシンプルです。

 

美的終活のための準備ノートを1冊用意する。

 

そして、

なんでもいいので、

人生でやり残したこと、

これからやってみたいことを、

書いてみることです。

 

美的終活の一番の目的は、

老後不安を解消し、

残りの人生を充実させ楽しむことです。

 

やりたいことを実現して、

残りの人生を楽しみたいものです。

 

 

④老後資金の不安

 

60代未婚おひとりさま女性の美的終活の注意点として、

老後資金の不安があげられます。

 

お金の不安があると、

人生充実して楽しめないですよね。

 

ですが、

その老後資金にたいする不安は、

本物でしょうか。

 

ときどき、

「年金も少ないし、貯金も少ないし」

とぐちる60代未婚おひとりさま女性に出会います。

 

しかし、よく話をおききすると、

きちんと定年まで仕事を勤め上げ、

ある程度の年金があることが多いのです。

 

今ではいろいろな情報があふれています。

 

そのため、

他人と比較して、

年金が少ない、預金が少ないと、

不安に感じていることが多いのです。

 

では、発想を逆転させてみたらどうでしょう。

 

「もらっている年金で、

どうやって人生を充実させるか考えて、

毎日楽しんでいる」

というように。

 

60代未婚おひとりさま女性にとって、

美的終活で、

自分のもっているものでどのように人生を楽しめるか考えることは、

重要な注意点といえます。

 

 

 

⑤先延ばしにする

 

60代未婚おひとりさま女性にとって、

美的終活の一番の注意点として、

先延ばしにすることをやめることです。

 

60代未婚おひとりさま女性は、

元気で活動的な人が多いことでしょう。

 

しかし、60代以降の年齢の人の健康状態については、

個人差が大きいのです。

 

ある日突然、脳梗塞や心筋梗塞にならないとも限りません。

 

元気なうちに、

美的終活をはじめ、

老後不安を解消するように注意しましょう。

 

あなたが倒れてしまってからでは、

美的終活はできないのですから。

 

美的終活の注意点、60代未婚おひとりさま女性の場合・まとめ

 

・60代未婚おひとりさま女性の美的終活の注意点として、必要な情報を集める情報の取捨選択が必要です。

・60代未婚おひとりさま女性の美的終活の注意点として、不安を直視することがあげられます。不安を直視して、不安の解消方法をみつけ、先延ばしすることなく、実行に移しましょう。

・60代未婚おひとりさま女性にとって美的終活の注意点として、その不安は本当の不安なのか、よく考える必要があります。

 

老後資金のような世間一般で言われているような情報が、

あなたにあてはまるのか、

よく考えましょう。

 

そして、

あなたにとって老後不安があるのであれば、

老後不安を解消しましょう。

 

美的終活によって、

老後不安を解消し、

残りに人生を充実させ楽しくすごせますよう祈念しております。

 

老後不安の解消が一人では難しいこともあると思います。

 

そのときは、セミナーにお越しください。

 

あなたの老後不安を一緒に解決させて頂きます。

 

一般社団法人 マイライフ協会

代表理事 児玉浩子

 


 
以下、
終活セミナー(無料)のご案内です。
 

自分の老後は、自分で決めたい!

とお思いの方は、ぜひご参加ください。
 
終活セミナー

終活セミナー 11/26(月) 13:00~15:00

本講座で学べる3つのこと

① お金よりも大切な老後の備えとは?
② 老後のために、今!必要な知識とは?
③ 思い通りの老後を設計する方法とは?

 
『99パーセントの人が知らない老後の安心をデザインする方法』の著者・児玉浩子(こだまひろこ)が、老後の生活に備え、知っておきたい法律や制度について、ご紹介いたします。

 
認知症になってしまったら手遅れです。
 

『自分の老後は、自分で決めたい!』
とお思いの方は、ぜひご参加ください。
 

① お金よりも大切な老後の備えとは

40年前には、
老後の不安を語る方はほとんどいませんでした。
 
生活が豊かになった現在、
その豊かさとは裏腹に、老後に不安を感じる方が非常に増えています。

 
なぜだか、おわかりでしょうか?
 
 
そして、
お金がいくらあっても、自分のことを自分でできなくなる日が来ることを、ご存知でしょうか?
 
その理由は、
おわかりいただけると思います。
 
本セミナーでは、
お金よりも大切な『老後の備え』について、具体的な対策をご案内いたします。
 

② 老後のために、今!必要な知識とは

これまで、
1,000人以上の方に対し、老後に活用したい法律や制度についてご案内してきましたが、
 
実に、99パーセントの人は、
国が定めたすばらしい制度等について、全く知識をお持ちではありませんでした。
 
活用するための第一歩は、
どのような法律や制度があるかを知ることです。
 
本セミナーでは、
老後に活用していただきたい法律や制度について分かりやすくご説明いたします。
 

③ 思い通りの老後を設計する方法とは

老後に活用したい法律や制度を知っていても、その手続き方法が分からなければ、利用することはできません。
  
本セミナーでは、
法律や制度を利用する方法を、具体的にご案内いたします。
 

セミナー概要

日時: 11月26日(月) 13:00~15:00
費用: 無料

< 会場 >
東京都新宿区西新宿7-1-7
新宿ダイカンプラザA館

・都営大江戸線 / 新宿西口駅 徒歩1分
・JR山手線 / 新宿駅 徒歩4分
 
お申し込みはこちら
 

児玉浩子
セミナー講師 : 児玉浩子(こだまひろこ)

  • 一般社団法人マイライフ協会 代表理事
    (高齢者支援の団体)
  • 行政書士
  • AFP(ファイナンシャルプランナー)
  • 大東文化大学大学院法務研究科修了

講演活動を通し、
累計1,200人の方に、老後の生活に必要な法律制度等を解説。
 
個別相談の依頼は、
30代~80代までと年代を問わず幅広く、300人以上の実績を持つ。
 
精力的に活動する中、ほとんどの方が、老後に必要な法律制度等を知らないことを実感。より多くの方に老後の現実を知ってもらうため、事前に老後の準備をしてもらうため、「99パーセントの人が知らない老後の安心をデザインする方法」を出版。
 
本書は、
読売新聞朝刊「安心の設計」や、産経新聞終活読本「ソナエ」等で紹介されている。
 
一般社団法人マイライフ協会代表理事 児玉浩子自ら、日々、個別相談の依頼に懇切丁寧に対応。法律に則った制度を活用し、高齢者の老後の生活支援に努めている。
 
児玉浩子
 

参加者様のお声

O.M.さん
 
O.M.さん(70代)

家族に頼らないで老後の準備ができると知りました

独立した子ども達には頼らずに老後を過ごしたいと考えて、いろいろなセミナーに参加しています。今回のマイライフセミナーには妻と一緒に参加しました。他のセミナーでは聞いたことがない、初めての情報を多く聞けました。法律や制度を分かりやすく解説してくれて良かったです。今後妻と二人でじっくり相談したいと思います。

 
M.T.さん
 
M.T.さん(50代)

頼れる身内がいない友人たちにすすめたいです

ひとりで抱えていた漠然とした不安を解消できる方法を知ることができました。親を見送り、兄弟姉妹、子どものいない友人たちにすすめたいです。家族関係で悩んでいる友人にもすすめたいです。

 
H.A.さん
 
H.A.さん(60代)

どのような老後準備が必要か、是非知っておくべき情報です!

独立した子どもには頼りたくないと考えています。マイライフセミナーに参加して、子どもに頼らないで老後を過ごすために、自分にとってどのような準備が必要か理解できました。法律や制度の解説が分かりやすかったです。エンディングノートの正しい使い方が理解できました。

 
Aさん69歳女性

Aさん(69歳女性) 

老後に必要な法律や制度を利用して準備できると知りました

結婚せずに定年まで働きました。数年前に母を看取り、一人暮らしとなりました。子どもがいないため、老後に頼れる人がおらず、不安に感じておりました。
独身の友人たちと困ったときには助け合う口約束をしてはおりますが、皆私と同じくらいの年齢のため、本当に頼りになるのか不安でもありました。
マイライフ協会のセミナーで法律や制度を利用して、事前に老後の準備ができることが分かり、安心しました。

 
Bさん(74歳男性)

Bさん(74歳男性)

ご相談にのって頂き不安がなくなりました

30代の一人息子が結婚し、自宅を出て、嫁の実家の近くに住むことになりました。
息子からは、「老後の面倒はみてあげられないかもしれない。自分たちで何とかして欲しい。」と言われ、妻と二人でマイライフ協会のセミナーに参加しました。
マイライフ協会のセミナーで法律や制度を利用して、自分たちの老後に備えることができると分かり、安心できました。

お申し込みはこちら