終活をしないと、デメリットがある!?

一般社団法人マイライフ協会 代表理事
行政書士・ファイナンシャルプランナー(AFP)

[講演情報 9/27 13:00-]
老後準備マスター講座

 

終活には、
色々なメリットがありますが、もしも終活をしないとどのようなデメリットがあるのでしょうか?

一番大きなデメリットは、
残された家族が混乱してしまうということでしょう。

例えば、
突然あなたが亡くなってしまったら、どのような葬儀をあげたらよいのかわからない、残された遺品などをどのように扱ったらわからないなど家族に大きな迷惑をかけてしまうというデメリットがあるのです。

終活の準備をしっかりとしておけば、家族が悩まなくてすみます。

終活の始め方、終活に必要なもの

終活の大きな問題点として、
終活とは何か?終活の始め方、終活に必要なものがわからないということがあります。

まずは、
終活とは何かというところから知る必要があります。

終活は前向きな姿勢で行う

終活とは、
簡単に言えば自分の人生の最期に向けた準備を行う事と言い換えることができます。

注意点として、
終活は前向きな姿勢で行うということが大切です。

自分の生きてきた人生の中で色々な人に感謝を伝える、整理を行う時間とも言えます。

終活は、
前向きな姿勢で行うのが大切だという理由は、人によっては家族のことや自分の亡くなった後のことで思い悩んでしまうという人もいるからです。

これは、大きなデメリットになります。

生まれた以上は、
いつか必ず、誰でも最期を迎えることになりますので、その時にできるだけ思い残すことがないように生前に家族のことなどをしっかりと考えておくことが必要です。

生前に自分が亡くなった後のことを考えすぎてしまい、気が滅入ってしまわないようにしなければなりません。

終活の始め方

終活の始め方についてですが、
インターネットなどで検索すると色々なことが書いてあります。

葬儀や遺品のこと、遺産やお墓など考えることがたくさんありすぎて大きな負担になってしまうこともあります。

ですから、
いきなり全部をやろうとするのではなく、簡単に始めることができるところからスタートしてみましょう。

例えば、
自分の所持品などを少しずつ整理してみることから始めてみましょう。

特に、
趣味を持っている人であれば、その趣味で集めた品は自分が最期を迎えた後にどうするかなども必ず考えておくようにすると家族が後で悩むことがなくなるでしょう。

終活に必要な遺影

また、
終活に必要なものとしてどのようなものがあるのか?ということですが、遺影も事前に準備できていると安心です。

遺影は、葬儀の時に必ず使われるものです。

他にも最期を迎えた後に家族の元に残っていくものです。

最期を迎えてしまってからでは、遺影について自分の納得する物を選ぶことができません。

そのまま自分の気に入らないものが葬儀で使われてしまうのは、大きなデメリットになります。

ですから、
必ず生前に自分の納得する遺影を準備しておくのがよいでしょう。

人によっては、
写真を撮るのに優れた技術を持っているプロのカメラマンなどに依頼をして遺影を撮ってもらうという人もいます。

自分のお気に入りの写真があれば、葬儀社で拝啓や肌の色調の補正をして、きれいな遺影を作成してくれるところも多いです。

無理にお金を使わずとも、
お気に入りの写真を用意しておけば、急な葬儀となったときに、家族に写真のことで気苦労をかけずにすみます。

終活の注意点、ペットを飼育している場合

終活をするときの注意点としてペットを飼育している人は、自分が最期を迎えた時にそのペットをどうするのか?についても考えておく必要があるということです。

もしも、
終活をしていなかったら大切なペットはどうなってしまうのでしょうか?

これは、
終活をしないことによる大きなデメリットです。

生前大切に育ててきたペットとたくさんの思い出があることでしょう。

しかし、
自分の亡くなった後もペットは生きてもらわなければいけません。

ペットが困ってしまわないように、
生前にペットをどうするか決めておきましょう。

自分の亡くなった後に飼ってくれる人を探しておくようにするなどしておくとよいでしょう。

最近では、
お年寄りなどが飼っていたペットが、飼い主が亡くなってしまい行き場を無くしてしまうというケースが非常に増えていると言われています。

ペットが路頭に迷ってしまわないように、
飼い主として責任を持って自分の死後もペットが安心して生活をすることができるような環境を作ってあげるということが大切です。

終活をしないと、デメリットがある!?まとめ

①自分の思いが家族に伝えることができないというデメリットがある
②遺影など自分の思いが反映されないというデメリットがある
③生前大切に育てていたペットが路頭に迷うというデメリットがある

終活を行う、行わないというのはもちろん個人の自由です。

しかしながら、
終活を行わないことによるデメリットは意外と多く存在しています。

自分の死後、自分の思いを家族や友人、周りの人に思いを伝えることができないという大きなデメリットがあります。

これは、
考えてみるとよくわかると思いますが、思いが伝わらないのはとても悲しいですよ。

葬儀の際に、
選ばれた遺影が自分の納得のいくものでなかったとしたら、どうでしょうか?

残された家族にとっても急な葬儀のときに、遺影の選択が負担になるかもしれません。

生前に納得のいくものを選んでおき、信頼のできる家族などに託しておけるといいですね。

また、
ペットを飼っている人は、ペットをどうするのかをしっかりと考えておく必要があるでしょう。

そうしないとペットが路頭に迷うことになりかねません。

他にもデメリットがありえますので、必ず終活はするようにしましょう。

そして、
終活は”前向きに”がおすすめです。

一般社団法人マイライフ協会

代表理事 児玉浩子

 

Posted on タグ:Tags