おひとりさまの遺言、自筆証書遺言も選択肢に?

一般社団法人マイライフ協会 代表理事
行政書士・ファイナンシャルプランナー(AFP)

[講演情報 9/27 13:00-]
老後準備マスター講座

 

2018年7月に自筆証書遺言について法改正がありました。

 

また、自筆証書遺言の保管制度について法律が成立しました。

 

2020年7月までに施行される予定です。

 

そこで、自筆証書遺言の保管に関する新法と自筆証書遺言に関する法改正について説明します。

おひとりさまの遺言、自筆証書は今は不向き

自筆証書遺言とは

自筆証書遺言は、
おひとりさま自分一人で作成できます。

 

自筆証書遺言は、
遺言者がすべてについて自筆で作成するものです。

 

2018年8月現在は、
すべての文言を自筆で作成する必要があります。

そのため、
遺言書本文ばかりではなく、財産目録もすべて自筆で作成する必要があります。

 

また、
自筆証書遺言は自宅で保管することがほとんどだといえます。

 

すると、
自筆証書遺言の存在自体を誰にも知られることがないことが多いといえます。

おひとりさまの遺言、なぜ今は自筆証書遺言だと不向きなのか

おひとりさまの場合、
一人暮らしの人が多いのではないでしょうか。

 

また、
おひとりさまが作成した遺言書の存在を知る人もいないかもしれません。

 

せっかく自筆証書遺言を作成しても、存在を知ってもらい、遺言の内容通りに実行にうつしてもらえなければ、まったく意味がありません。

 

そこで、
存在自体が公にできない自筆証書遺言は、2018年8月現在では、おひとりさまには不向きだといえます。

自筆証書遺言、すべてを自筆で作成する必要がなくなる

自筆証書遺言の問題点

すべてを自筆で作成する必要がある

近年は、高齢社会となり遺言書を作成する人が増えました。

しかし、
自筆証書遺言はすべて手書きでなければならず、財産目録まですべて自筆である必要があります。

 

そのため、

財産目録の記載の不備により法的な要件を満たさないことも多く、無効になることもあり、自筆証書遺言の利用面で大きな課題となっていました。

紛失や改ざんのおそれ

自筆証書遺言は自宅で保管されることがほとんどです。

 

そのため、相続人による遺言書の改ざんや、どこへしまったか分からなくなるといった紛失のおそれがあります。

 

検認が必要

自筆証書遺言は、
相続開始後に家庭裁判所での検認の手続きが必要です。

 

検認により、たしかに自筆証書遺言があるのだということを確認してもらえます。

 

検認後に、相続の手続きが進められるようになります。

 

財産目録などは、パソコンを使って作成できるように

自筆証書遺言の目録を添付する場合に、目録のすべてのページに署名、押印すれば、自書する必要がなくなります。

パソコンで財産目録を作成し、すべてのページに署名、押印すれば自筆証書遺言を作成できることになります。

パソコンで財産目録を作成する以外の方法として、不動産の登記事項証明書、預貯金通帳のコピーを添付する方法などが想定されています。

自筆証書遺言を法務局が保管してくれるように

自筆証書遺言を法務局で保管する制度

自筆証書遺言の紛失や変造のおそれを予防するなど、相続をめぐる紛争を防止するため、「法務局における遺言書の保管等に関する法律」が2018年7月に成立しました。

この法律により、
自筆証書遺言を法務局に保管する制度が創設されました。

保管される自筆証書遺言は遺言者が作成した原本です。

自筆証書遺言の保管制度の手続きの流れ

手続の流れは、以下の通りです。

①遺言者自身が法務省令で定める様式に従って作成した無封の自筆証書遺言書を法務局に持参し、遺言書保管官に保管の申請をします。

(遺言者以外の人へ依頼する代理申請はできません。)

②遺言書保管官は本人確認をします。

③遺言書保管官が遺言書原本の保管および画像ファイルを記録・管理します。

自筆証書遺言の保管制度を利用した場合の費用

自筆証書遺言保管制度を利用する場合、政令で定める手数料が必要です。

いくらになるかはまだ発表されていません。

相続開始後、どうやって遺言書の中身を知ればいいの?

遺言者が亡くなると相続が開始されます。

相続開始後、遺言者の相続人、受遺者、遺言執行者は法務局に対して、次の請求ができます。

 

①遺言書情報証明書(遺言書の画像ファイルなどの証明書)の交付

②遺言書の閲覧

③遺言書保管事実証明書(遺言書の作成年月日、遺言者の情報、受遺者や遺言執行者の情報、遺言書保管場所の名称及び保管番号の証明書)の交付

 

相続人等の1人が、①②の手続きをした場合、法務局からその他の相続人、受遺者、遺言執行者へ遺言書を保管していることが通知されます。

 

どのように自筆証書遺言の存在が遺言者の死後に相続人にすみやかに通知されるのか、仕組みについては検討中とのことです。

検認は不要に

検認とは、
家庭裁判所で遺言書の存在と内容を調査してもらう手続きです。

 

現行では、
自筆証書遺言は相続開始後、家庭裁判所での検認が必要です。

 

ところが、

法務局での自筆証書遺言保管制度を利用した場合、検認が不要となります。

 

そのため、
遺言書に基づきすぐに手続きを始められます。

 

 

おひとりさまの遺言、自筆証書遺言も選択肢に?まとめ


①現在は、おひとりさまには自筆証書遺言は不向きである。


②2018年7月の民法改正により、今後、財産目録などは、パソコンでの作成でも可能になる。


③法務局での自筆証書遺言保管制度により、おひとりさまでも遺言書の存在が公にできるようになる。

 

法務局での自筆証書遺言保管制度により、遺言書の改ざんや紛失のおそれがなくなります。

 

自筆証書遺言を作成しても、その存在自体を他人に知られることのないおひとりさまにとって、今後は、法務局で自筆証書遺言を保管してもらうことで、遺言書の存在を公にすることができるようになります。

 

費用がどのくらいかかるのかまだわかりませんが、公正証書遺言に比べて安価になれば、利用者は増えることでしょう。

 

どの種類の遺言書を作成したらよいのかについての詳細は、「おひとりさまはどの種類の遺言書を作成すべきか」をご覧ください。

 

一般社団法人マイライフ協会

代表理事 児玉浩子

 


 
以下、
美的終活セミナー(無料)のご案内です。
 

自分の老後は、自分で決めたい!

とお思いの方は、ぜひご参加ください。
 
終活セミナー

美的終活セミナー 9/27、10/26

 

< 本講座で学べる3つのこと >

 
① お金よりも大切な老後の備えとは?
② 老後のために、今!必要な知識とは?
③ 思い通りの老後を設計する方法とは?

 
『99パーセントの人が知らない老後の安心をデザインする方法』の著者・児玉浩子(こだまひろこ)が、老後の生活に備え、知っておきたい法律や制度について、ご紹介いたします。
 
認知症になってしまったら手遅れです。
 
『自分の老後は、自分で決めたい!』
とお思いの方は、ぜひご参加ください。

① お金よりも大切な老後の備えとは

40年前には、
老後の不安を語る方はほとんどいませんでした。
 
生活が豊かになった現在、
その豊かさとは裏腹に、老後に不安を感じる方が非常に増えています。
 
なぜだか、おわかりですか?
 
そして、
 
お金がいくらあっても、自分のことを自分でできなくなる日が来ることを、ご存知でしょうか?
 
その理由は、
おわかりいただけると思います。
 
本セミナーでは、
お金よりも大切な『老後の備え』について、具体的な対策をご案内いたします。

② 老後のために、今!必要な知識とは

これまで、
1,000人以上の方に対し、老後に活用したい法律や制度についてご案内してきましたが、
 
実に、99パーセントの人は、
国が定めたすばらしい制度等について、全く知識をお持ちではありませんでした。
 
活用するための第一歩は、
どのような法律や制度があるかを知ることです。
 
本セミナーでは、
老後に活用していただきたい法律や制度について分かりやすくご説明いたします。

③ 思い通りの老後を設計する方法とは

老後に活用したい法律や制度を知っていても、その手続き方法が分からなければ、利用することはできません。
  
本セミナーでは、
法律や制度を利用する方法を、具体的にご案内いたします。

・セミナー概要

日時: 9月27日(木)13:00~15:00、10月26日(金)13:00~15:00、
費用: 無料(先着20名)

< 会場 >
東京都新宿区西新宿7-21-3 西新宿大京ビル2階
丸の内線「西新宿」駅 1番出口より徒歩1分
 
お申し込みはこちら
 

児玉浩子

セミナー講師 : 児玉浩子(こだまひろこ)
 
・一般社団法人マイライフ協会 代表理事
 (高齢者支援の団体)
・行政書士
・AFP(ファイナンシャルプランナー)
・大東文化大学大学院法務研究科修了
 
講演活動を通し、
累計1,200人の方に、老後の生活に必要な法律制度等を解説。
 
個別相談の依頼は、
30代~80代までと年代を問わず幅広く、300人以上の実績を持つ。
 
精力的に活動する中、ほとんどの方が、老後に必要な法律制度等を知らないことを実感。より多くの方に老後の現実を知ってもらうため、事前に老後の準備をしてもらうため、「99パーセントの人が知らない老後の安心をデザインする方法」を出版。
 
本書は、
読売新聞朝刊「安心の設計」や、産経新聞終活読本「ソナエ」等で紹介されている。
 
一般社団法人マイライフ協会代表理事 児玉浩子自ら、日々、個別相談の依頼に懇切丁寧に対応。法律に則った制度を活用し、高齢者の老後の生活支援に努めている。
 
児玉浩子
 

・参加者様のお声

O.M.さん
 
O.M.さん(70代)
 

家族に頼らないで老後の準備ができると知りました

 
独立した子ども達には頼らずに老後を過ごしたいと考えて、いろいろなセミナーに参加しています。今回のマイライフセミナーには妻と一緒に参加しました。他のセミナーでは聞いたことがない、初めての情報を多く聞けました。法律や制度を分かりやすく解説してくれて良かったです。今後妻と二人でじっくり相談したいと思います。
 
M.T.さん
 
M.T.さん(50代)
 

頼れる身内がいない友人たちにすすめたいです

 
ひとりで抱えていた漠然とした不安を解消できる方法を知ることができました。親を見送り、兄弟姉妹、子どものいない友人たちにすすめたいです。家族関係で悩んでいる友人にもすすめたいです。
 
H.A.さん
 
H.A.さん(60代)
 

どのような老後準備が必要か、是非知っておくべき情報です!

 
独立した子どもには頼りたくないと考えています。マイライフセミナーに参加して、子どもに頼らないで老後を過ごすために、自分にとってどのような準備が必要か理解できました。法律や制度の解説が分かりやすかったです。エンディングノートの正しい使い方が理解できました。
 
Aさん69歳女性
 
Aさん(69歳女性)
 

老後に必要な法律や制度を利用して準備できると知りました

 
結婚せずに定年まで働きました。数年前に母を看取り、一人暮らしとなりました。子どもがいないため、老後に頼れる人がおらず、不安に感じておりました。
独身の友人たちと困ったときには助け合う口約束をしてはおりますが、皆私と同じくらいの年齢のため、本当に頼りになるのか不安でもありました。
マイライフ協会のセミナーで法律や制度を利用して、事前に老後の準備ができることが分かり、安心しました。
 
Bさん(74歳男性)
 
Bさん(74歳男性)
 

ご相談にのって頂き不安がなくなりました

 
30代の一人息子が結婚し、自宅を出て、嫁の実家の近くに住むことになりました。
息子からは、「老後の面倒はみてあげられないかもしれない。自分たちで何とかして欲しい。」と言われ、妻と二人でマイライフ協会のセミナーに参加しました。
マイライフ協会のセミナーで法律や制度を利用して、自分たちの老後に備えることができると分かり、安心できました。
 

 

■ お申し込みフォーム

 

セミナー名 美的終活セミナー
『最高の老後準備マスター集中講座』
定員 各20名
開催場所 リファレンス西新宿大京ビル貸会議室2階
価格 無料
開催日時 9月27日(木) 13:00~15:0010月26日(金) 13:00~15:00
お名前 ※必須
ふりがな ※必須
年齢 ※必須
メールアドレス ※必須
郵便番号 ※必須
都道府県 ※必須
ご住所 ※必須
お電話番号 ※必須
セミナーを知ったきっかけ ※必須


 
 
 

Posted on タグ:Tags