無意味にならないための新しい終活とは?

一般社団法人マイライフ協会代表理事 行政書士 ファイナンシャルプランナー(AFP)
▼定期的に「老後の安心をデザインする方法」セミナー開催
https://www.mylife-kyokai.jp/seminar-lp

 

今も昔も変わらず、ある年代になってくると自分の最後の時のことを考え始めるのは、自然なことなのかもしれません。

 

ある時期がくると、遺言状を書いたり、身辺整理を始めたり、心の中や身の周りをキレイに片づけておきたいと思う人は多いようです。いざという時のために、資産配分や葬儀の準備をしておくことを終活と呼び、ここ数年は特に話題になっています。

 

だけど、最近では終活という言葉も、今までとはちょっと違う新しい意味をもちはじめています。そこで、今回はちょっと違った観点からの新しい終活方法をご紹介したいと思います。

 

1.終活という言葉をよく聞くけれど、何をすることなのでしょうか

 

現代の人たちは年齢を問わず、自立心も強く、自分らしい人生を重視する傾向にあります。自分のことは自分でやりたい、自分らしく生きていきたいと思うのは若い世代だけではありません。そんな現代の人々を象徴するかのごとく、この終活というものが注目されるようになりました。

 

「立つ鳥、跡を濁さず」または、「終わりよければすべてよし」などと言われるように、最後をどのように締めくくるかによって人生すべてが良くも悪くもなるという考え方から始まったようです。

 

(1)これまでの終活の大まかな種類

 

これまでの終活の内容として以下の3つが挙げられます。

 

・身辺整理をする(身の回りを整理し、いざという時のために備える)

・残ってしまうものについて考える(資産や家財、親族、ペットなど)

・最後の日について考える(葬儀、埋葬方法など)

 

これまでは、自分らしく自分の人生の幕をおろすための準備が終活の主なものでそれぞれ、その人の望む形で人生を終わらせるためのものでした。

 

しかし、新しい終活というのは、そのような準備をしながらも新しい生き方を探すということなのかもしれません。いままでとは違ったこれからの人生を歩み出すということともいえます。それが新しい終活として、最近では注目を浴び始めています。

 

新しい終活とは、第2の人生に向けて満足のいく、納得できる、後悔しない人生を送るために行うものなのです。

 

(2)第2の人生としての終活は必要なのでしょうか

 

おそらく、10代の時には、人生の終わりのことを考える人はほとんどいないでしょう。終活は、10代の時には必要ありません。まだまだ、残された時間はたっぷりとあるからです。

 

人間が年齢を重ねて年老いて、いつか最期の時を迎えることは自然の摂理です。命あるものすべて、いつかは終わりを迎えてしまいます。

 

50代、60代を迎えると多くの方が、もう若くはないのだと意識し始めます。もちろん、まだまだ若くて元気な方もたくさんいらっしゃいますが、心のどこかで残りの人生について考え始めるのも確かです。

 

残りの人生が少なくなってきたからこそやりたいこと、やっておきたいこと、始めてみたいことが出てくるものです。

 

だからこそ、残りの人生をどのように生きていきたいのかを考える終活は、最期の日を意識する年代にとっては必要なのではないでしょうか。

 

(3)これからの人生を考えてみる

 

いつかは終わるということを前向きに受け止めることで、毎日の生活が大きく変わってくるものだと終活を始めた方は言います。直接お会いしたことはないのですが、以前聞いた話です。そのようなこともあるものなのかと、驚いたことを覚えています。

 

68歳で終活を始めた女性の話を参考にしたいと思います。

 

その方は、49歳の時にご主人と離婚したそうです。20年近くは、ほとんど会うことも話すこともなかったそうです。子供さん達も大きくなって、それぞれ別の家庭を築き、お孫さんもできて一安心だと思ったある日、ふと今後の自分の人生を考え始めたとのことです。

 

そこで、これから70代、80代を迎えるにあたって、今のうちにできる何か新しいことを始めたいと考えられたそうです。ご自分のこれからの人生を意味のあるものにしたいとの理由でパソコン教室に通うことにされたそうです。

 

ところが、パソコン教室に通い始めて5か月後くらいたった時に、神さまのめぐりあわせか、別れたご主人がそのパソコン教室に現れたとのことです。

 

驚いたその方は、これも何かの縁と解釈し、昔のことは水に流して元のご主人とお付き合いを再開されたとのことです。定期的に2人で一緒に食事をしたり、子供さん達を訪ねてみたりして子供さん達もとても喜ばれたとの事だそうです。

 

(4)終活をすることで人生が変わる

 

終活を始めてみると自分の人生を大切に考えるようになるそうです。これまで当たり前に見ていたものが、違ったように見えてくるといいます。離婚したご主人と再会された方のように新しい思いがけない出会いもあるかもしれません。

 

身内への対応、友達への対応、近所の人への対応も一期一会の気持ちで接することができるようになったという方もいます。そうすることで、周りとの人間関係も心地よいものへと変わっていきます。

 

これまでの行いを反省する意味でチャリティや奉仕活動に励む方もいます。また、自分へのごほうびとして、旅行を計画したり、ちょっと高価なお買い物を楽しんだりする方もいます。そんな方たちは、40代、50代であるかのように若く、とても生き生きと輝いています。

 

2.終活の問題点

 

終活において重要な問題点は、どのような気持ちで終活を行うかということです。どうせ年をとっていくのだから自分の人生はどうでもいいと思われる方も中にはいます。いまさら、何をしても無駄だと言われる方もいます。

 

決してそんなふうに思わないで、終活にのぞんで頂けたらと思うのです。年はとっていくけれど、じゃあ自分には今から何ができるだろうか、これが終活の考え方なのです。自分は何をしたいのだろうかと問いかけてみることが大切です。

 

これからの人生を自分らしく生きていきたいと願い計画をたてる、これが終活の新しい考え方なのです。まずは、自分に問いかけて考えることから終活の第1歩を始めてみてはいかがでしょうか。

 

3.「無意味にならないための新しい終活とは?」まとめ

 

①あなたにとっての新しい終活を、探してみましょう。

②残された時間にできること、やりたいことを見つけましょう。

③終活をすることで第2の人生を満足するものにできるます。

 

最後の時を意識することは、今という時間を大切にすることにもなるのです。終活を始めることで今日や明日がこれまでとは違ったものになれば嬉しいですね。

 

最終的に人生の勝者になるか敗者になるかは、これからの生き方次第です。自分の人生を最後まであなたらしい色で彩っていけたら素敵ですね。いい人生だった、幸せだった、私らしい人生だったと思えるようにしたいものです。

 

幸せの形や自分らしさは、人それぞれです。終活は、誰かのためにするものではなく、自分のためにするものなのです。これからの残された人生を納得のいく、満足のいくものにするのはあなた自身なのです。

満足のいく終活のための準備については、「終活の準備は何をするの?」 「終活はなぜ必要なのでしょうか?」をご覧ください。
 
 

一般社団法人マイライフ協会

代表理事 児玉浩子

 
 

 


 
以下、
無料セミナー(7/26 13:00~)のご案内です。
 

自分の老後は、自分で決めたい!

とお思いの方は、ぜひご参加ください。

■ 老後準備マスター集中講座

 

< 本講座で学べる3つのこと >

 
お金よりも大切な老後の備えとは?
老後のために、今!必要な知識とは?
思い通りの老後を設計する方法とは?
 
『99パーセントの人が知らない老後の安心をデザインする方法』の著者・児玉浩子(こだまひろこ)が、老後の生活に備え、知っておきたい法律や制度について、ご紹介いたします。
 
認知症になってしまったら手遅れです。
 
『自分の老後は、自分で決めたい!』
とお思いの方は、ぜひご参加ください。

① お金よりも大切な老後の備えとは?

40年前には、
老後の不安を語る方はほとんどいませんでした。
 
生活が豊かになった現在、
その豊かさとは裏腹に、老後に不安を感じる方が非常に増えています。
 
なぜだか、おわかりですか?
 
そして、
 
お金がいくらあっても、自分のことを自分でできなくなる日が来ることを、ご存知でしょうか?
 
その理由は、
おわかりいただけると思います。
 
本セミナーでは、
お金よりも大切な『老後の備え』について、具体的な対策をご案内いたします。

② 老後のために、今!必要な知識とは?

これまで、
1,000人以上の方に対し、老後に活用したい法律や制度についてご案内してきましたが、
 
実に、99パーセントの人は、
国が定めたすばらしい制度等について、全く知識をお持ちではありませんでした。
 
活用するための第一歩は、
どのような法律や制度があるかを知ることです。
 
本セミナーでは、
老後に活用していただきたい法律や制度について分かりやすくご説明いたします。

③ 思い通りの老後を設計する方法とは?

老後に活用したい法律や制度を知っていても、その手続き方法が分からなければ、利用することはできません。
  
本セミナーでは、
法律や制度を利用する方法を、具体的にご案内いたします。

・セミナー概要

日時: 7月26日(木)13:00~15:00
費用: 無料(先着30名)

< 会場 >
東京都新宿区西新宿7-21-3 西新宿大京ビル2階
丸の内線「西新宿」駅 1番出口より徒歩1分
 
お申し込みはこちら

・講師



児玉浩子(こだまひろこ)
 
・一般社団法人マイライフ協会 代表理事
 (高齢者支援の団体)
・行政書士
・AFP(ファイナンシャルプランナー)
・大東文化大学大学院法務研究科修了
 
講演活動を通し、
累計1,200人の方に、老後の生活に必要な法律制度等を解説。
 
個別相談の依頼は、
30代~80代までと年代を問わず幅広く、300人以上の実績を持つ。
 
精力的に活動する中、ほとんどの方が、老後に必要な法律制度等を知らないことを実感。より多くの方に老後の現実を知ってもらうため、事前に老後の準備をしてもらうため、「99パーセントの人が知らない老後の安心をデザインする方法」を出版。
 
本書は、
読売新聞朝刊「安心の設計」や、産経新聞終活読本「ソナエ」等で紹介されている。
 
一般社団法人マイライフ協会代表理事 児玉浩子自ら、日々、個別相談の依頼に懇切丁寧に対応。法律に則った制度を活用し、高齢者の老後の生活支援に努めている。
 

 

・参加者様のお声

 
O.M.さん
 
O.M.さん(70代)
 

家族に頼らないで老後の準備ができると知りました

 
独立した子ども達には頼らずに老後を過ごしたいと考えて、いろいろなセミナーに参加しています。今回のマイライフセミナーには妻と一緒に参加しました。他のセミナーでは聞いたことがない、初めての情報を多く聞けました。法律や制度を分かりやすく解説してくれて良かったです。今後妻と二人でじっくり相談したいと思います。
 
M.T.さん
 
M.T.さん(50代)
 

頼れる身内がいない友人たちにすすめたいです

 
ひとりで抱えていた漠然とした不安を解消できる方法を知ることができました。親を見送り、兄弟姉妹、子どものいない友人たちにすすめたいです。家族関係で悩んでいる友人にもすすめたいです。
 
H.A.さん
 
H.A.さん(60代)
 

どのような老後準備が必要か、是非知っておくべき情報です!

 
独立した子どもには頼りたくないと考えています。マイライフセミナーに参加して、子どもに頼らないで老後を過ごすために、自分にとってどのような準備が必要か理解できました。法律や制度の解説が分かりやすかったです。エンディングノートの正しい使い方が理解できました。
 
Aさん69歳女性
 
Aさん(69歳女性)
 

老後に必要な法律や制度を利用して準備できると知りました

 
結婚せずに定年まで働きました。数年前に母を看取り、一人暮らしとなりました。子どもがいないため、老後に頼れる人がおらず、不安に感じておりました。
独身の友人たちと困ったときには助け合う口約束をしてはおりますが、皆私と同じくらいの年齢のため、本当に頼りになるのか不安でもありました。
マイライフ協会のセミナーで法律や制度を利用して、事前に老後の準備ができることが分かり、安心しました。
 

 
Bさん(74歳男性)
 

ご相談にのって頂き不安がなくなりました

 
30代の一人息子が結婚し、自宅を出て、嫁の実家の近くに住むことになりました。
息子からは、「老後の面倒はみてあげられないかもしれない。自分たちで何とかして欲しい。」と言われ、妻と二人でマイライフ協会のセミナーに参加しました。
マイライフ協会のセミナーで法律や制度を利用して、自分たちの老後に備えることができると分かり、安心できました。
 

・お申し込みフォーム

セミナー名 最高の老後準備マスター集中講座
定員 30名
開催場所 リファレンス西新宿大京ビル貸会議室208
価格 無料
開催日時 7月26日(木)13:00~15:00

必須お名前
必須ふりがな
必須年齢
必須メールアドレス
必須郵便番号
必須都道府県
必須ご住所
必須お電話番号
必須セミナーを知ったきっかけ


 
 
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Posted on タグ:Tags